リスクマネジメント


当社は、「リスク」を「あらかじめ予測し、もしくは予測していない事態の発生により損失を被る可能性」および「事業活動から得られるリターンが予想から外れる可能性」と定義し、以下3点をリスクマネジメントの目的としています。

  1. 業績安定
  2. 体質強化
  3. 信用維持

また、リスクを「計測可能リスク」と「計測不能リスク」に大別し、それぞれに適したフレームワークに基づいて管理しています。

現在のフレームワークは、外部環境の変化に先んじた効果的なリスクマネジメントの実践に向けて、最先端の手法や枠組みを積極的に導入してつくられたものです。しかし、外部環境は激しく変化し、想定外の新しいビジネスモデルが日々提案されています。こうした状況に適切に対応するため、当社のリスクマネジメントは、経営トップの主導のもと進化を続けています。

リスクの定義

  • あらかじめ予測し、もしくは予測していない事態の発生により損失を被る可能性
  • 事業活動から得られるリターンが予想から外れる可能性

リスクマネジメントの目的

  1. 「業績安定」:計画と実績の乖離を少なくして安定収益を確保する。
  2. 「体質強化」:リスクを体力(株主資本)の範囲内に収め、リスク顕在化の場合にも事業に支障を来さないようにする。
  3. 「信用維持」:法令遵守などの社会的な責任を果たし、信用を維持する。

具体的な管理の仕組み

計測可能リスク=価値創造リスク          投融資委員会

全社のリスク量を体力の範囲内に収める/リスクに対するリターンを極大化する
重要な案件については全社投融資委員会、部門内投融資委員会で審議、モニタリング

計測不能リスク=価値破壊リスク

発生の回避、発生確率を極小化することで管理
内部統制委員会を中心に、全社的な内部統制強化に向け取り組む

投資に関するリスク管理体制

投資案件の意思決定プロセス

投資案件は、一旦実施すると撤退の判断が難しく、撤退した場合の損失が大きくなりがちです。このため、全体ポートフォリオの変遷や個別投資機会のリスクの性質を踏まえ、投資案件の検討・フォローのプロセスを適時に見直しつつ、投資の入口から出口まで一貫した管理フレームワークを導入しています。

投資案件の検討においては、取り組みの初期段階から「投資テーマ」を明確にし、デューデリジェンスによって重点的に検証しています。加えて、当該事業リスクに応じた割引率を適用することにより、投資対象の「適正な価格」を算定するなど、定性・定量の両面から評価を実施しています。

投資案件の意思決定については、案件の規模や重要性に応じて、検討・実行の各段階において、各事業部門の投融資委員会および全社投融資委員会を開催します。それらの委員会において、戦略上の位置付け、案件選定の背景・理由、ならびに投資の成否を左右する諸条件について、早い段階から深く議論しています。

投資案件の実行支援・モニタリング

投資後の実行支援に当たっては、投資の意思決定時点において課題を明確にし、投資後もスムーズに課題解決に取り組める体制を整えています。特に重要な案件においては、統合支援機能として「100日プラン(※)実行支援」制度がある他、全社投融資委員会のもとで業績改善の立案や実行をフォローする「重点フォローアップ制度」を設けています。

2018年度には、投資ポートフォリオの質の向上を目的とした新たなモニタリング制度「フルポテンシャルプラン」を導入しました。主に定量的な指標をもとに投資先を評価し、「健全先」「ポテンシャル先」「撤退候補先」の3つに分類。投資ポートフォリオにおける立ち位置を確認の上、改めて事業性の強弱をレビューします。レビュー結果に従って、事業価値最大化につながる具体策を通じて成長戦略の一つである「既存事業のバリューアップ」を図る一方、成長余地の乏しい事業からの撤退も促します。

※投資実行直後の早い段階で、投資先のマネジメントと目標とすべき経営指標や財務指標を含めた事業価値最大化を図る中期計画の策定に向けた経営インフラ構築・整備活動。

投資リスク管理フレームワーク(投資案件の意思決定プロセス/投資評価手法・実行体制/管理制度)

Top