健康経営


住友商事は、社員1人ひとりが最大限にパフォーマンスを発揮するためには、心身の「健康」が最重要であり、これを基盤としてこそ新たな価値創造を続けていくことができるという考えの下、住友商事グループの「イキイキワクワク健康経営宣言」(2018年9月制定)を策定しました。住友商事グループは「イキイキワクワク健康経営宣言」に基づき、グループ各社の実情に応じて取り組みを行っていきます。


イキイキワクワク健康経営宣言

住友商事グループは、すべての社員がイキイキワクワク健康的に働き 新たな価値創造にチャレンジする会社を目指します。

当社グループの経営理念である「健全な事業活動を通じて豊かさと夢を実現する」ためには、 社員一人ひとりが最大限にパフォーマンスを発揮し、新たな 価値創造を続けていく必要があります。 そのためには、社員一人ひとりの「健康」がなにより大切です。

従来取り組んできた健康維持・増進施策を一段とパワーアップして、 イキイキワクワク健康的に働き、付加価値を生み出す「健康経営」に住友商事グル-プの人材戦略として取り組みます。 住友商事グル-プで共有できる健康増進基盤の整備やグル-プ各社の実情に応じて 実効性ある施策の検討・実施・効果検証・改善を行っていきます。

住友商事グル-プは、変化が激しく複雑性に満ちた、厳しいグロ-バルビジネス環境で働く社員の健康を最重要経営資源と捉え、 社員の心身の健康維持・増進を戦略的に実践していくことを宣言します。


なお、当社としては、イキイキと働き続けるための「ヘルスリテラシー向上」、万が一病気になっても大丈夫という「もしもに備える安心体制」、そして商社ならではの「グローバル医療サポート」の3つを健康経営の主軸として「イキイキワクワク健康経営宣言」に基づき、より一層健康経営に取り組みます。


イキイキワクワク健康経営宣言

当社は、経済産業省より優良な健康経営を実践している法人として、「健康経営優良法人~ホワイト500~」の認定を3年連続(2017年、2018年、2019年)受けています。

健康経営優良法人 ホワイト500 ロゴ

社員の健康支援

住友商事では、社内診療所(内科および歯科)を設置して、日々の社員の健康管理を支援しています。内科においては、糖尿病や高脂血症等の生活習慣病や、感染症、肝臓・腎臓・呼吸器等の専門医を擁し、週 5 日の一般内科外来を開設しています。また、生活習慣病予備軍の社員に対して、管理栄養士による栄養指導を実施の上、糖尿病などの専門医や看護師・保健師と連携して、定期的な血液検査を行うなど、継続的にサポートをしています。また、歯科においては、日々の治療に加え、定期歯科健康診断を年に2回実施し、必要に応じ個別の歯科口腔衛生指導も行っています。そして、月に一度、産業医や組合員等からなる衛生委員会を開催し、健康経営に関する取り組みなどについて討議しています。

健康診断

社内診療所において、定期健康診断、入社時健診、海外赴任前健診、帰国時検診等を行っています。また、35歳以上の社員に対しては、外部医療機関での人間ドック受診を推奨しており、その費用については、健康保険組合から補助を受けることが可能です。2017年度の定期健康診断受診率(外部人間ドック含む)は、100パーセントになっています。また、定期健康診断の結果を基に、社内診療所での治療や保健指導などのきめ細やかなフォローを実施していることに加え、健康保険組合においても、特定保健指導を実施することで、従業員の疾病予防・早期発見に努めています。

メンタルヘルスケア対策

社内メンタルヘルスに関するセルフケア、ラインケアの研修をそれぞれ年間複数回実施しています。内容としては、自身および周囲のメンタルケアに関して必要なポイントを外部講師により網羅的に学ぶものであり、若手社員および管理職を中心に年間10講座、約450人(グループ会社含む)が受講しています。 また、「なんでも相談・守秘義務厳守」を掲げる、SCGカウンセリングセンターを設置しており、年間延べ1,200人以上の社員が利用しています。ストレスチェックは、海外勤務者も対象に実施、企業内診療所にあるメンタルヘルスも含めた健康関連相談窓口では、海外勤務者からの相談も受け付けています。 企業内診療所には心療内科医が勤務しており、メンタル疾患の重症化予防や復職支援の取組みを行っています。

海外勤務者の健康支援

当社では、66カ国に拠点があり、社員約1,150人とその家族約1,160人が世界中に駐在しています。日本とは異なる環境で働く彼らの健康を守るため、年に一度の定期健康診断の受診はもちろん、心身の不調を感じた時の診療所やSCGカウンセリングセンターへの相談体制を整備しています。また、緊急医療アシスタンスサービスと契約しており、外部医師・保健師などによる健康相談から、緊急時の緊急搬送まで幅広くサポートしています。出張/赴任前の社員、家族に対しては、各種予防接種の徹底、現地の治安対策や感染症対策など、テーマ別に年間約40回のセミナー・研修を開催しています。

喫煙対策

2018年9月の本社移転を機に、本社執務フロア完全禁煙化を実施しました。また、禁煙希望者に対しては、禁煙ガムの購入費用補助や診療所内での禁煙サポートプログラムを実施するなど、喫煙対策に取り組んでいます。

SCGカウンセリングセンター

住友商事グループ社員が「生き生きと働く」ことを支援する組織として、「SCGカウンセリングセンター」が本社ビル内に設置されています。同センターには複数のカウンセラーが在籍し、さまざまな悩みや問題の解決をサポートしています。2005年4月の開設以来、守秘義務順守、何でも相談の方針が社員に浸透し幅広い層の社員が気軽に同センターを利用する習慣が定着しています。(2017年度の相談件数は1,200件以上)

SCGカウンセリングセンター

提供 サービス 対象者 機能
SCGカウンセリングセンター 対面カウンセリング 主に東京勤務者 シニア産業カウンセラー、臨床心理士、キャリアコンサルタント、家族相談士などの資格を保有したカウンセラーが国内外の社員にカウンセリングを提供
電話カウンセリング 全社員
出張カウンセリング 地方・海外勤務者
各種セミナー 全社員 管理職向け、一般社員向け、海外勤務者向け、帯同家族向けなどのセミナーを実施
コンサルテーション 管理職 部下への対応の仕方について上司にコンサルテーションを提供
外部契約企業 対面カウンセリング
電話・出張カウンセリング
全社員 外部契約企業に委託し、対面・メール・電話・出張によるカウンセリングを提供

SCGマッサージルーム「コリトン」

住友商事グループ社員の健康増進、疲労回復を目的として、2008年4月に本社ビル内にマッサージルーム「コリトン」をオープンしました。「業務の合間の時間を使って気軽に体調管理が図れる」「施術後の業務効率が向上した」等と好評で、2017年度の利用者は、延べ3,600人を超えています。

SCGマッサージルーム「コリトン」
Top