Go to Site.
close

人材の活用当社のワークライフマネジメントの基本理念


基本理念

個々人の充実した生活の実現を、さらなる事業の発展につなげるため、多様な価値観・ライフスタイルを尊重。活き活きと安心して働くことのできる環境整備。

住友商事では、2005年4月にワーク・ライフ・バランス推進プロジェクトチームを全社横断で組織して以来、さまざまな取り組みを行ってきました。2015年12月には、社員が日々の働き方や中長期での「ワーク」と「ライフ」にメリハリをつけ、自律的にマネージしていくという考え方をより明確に表現する言葉として、「ワークライフマネジメント」に改称しました。ワークライフマネジメントの実現は一人一人の価値観やライフスタイルによって異なりますが、仕事とプライベートによる生活全体の充実が活力を生み、新たな価値創造の原動力になると考えます。そこで、当社ではさまざまな選択肢を用意し、諸問題への配慮、サポートを行っています。

個々人の充実した生活の実現とさらなる事業の発展につなげるために、多様な価値観・ライフスタイルを尊重するワークライフマネジメント施策を推進し、「活き活きと安心して働くことのできる環境整備」を通じて豊かさと夢の実現に寄与していきます。

活動体制

全社横断組織「ダイバーシティ推進プロジェクトチーム」を中心に、社員と会社が継続的に施策の検討・整備・推進に共同で取り組みます。

活動指針

  1. 就業環境の整備
    就業の妨げとなり得る諸問題への配慮・サポートを通じて、「活き活きと安心して働くことのできる環境整備」を推進します。
    • ゆとりの創出/持続可能な働き方への変革(時間外勤務縮減/有給休暇取得促進など)
    • 個別事情を有する社員を支援(柔軟な勤務形態の検討/育児・介護休職制度の充実など)
  2. 意識改革
    ワークライフマネジメントの意識向上、実践を図るため、広報・研修などを通じた意識改革(啓発活動)を推進します。

厚生労働省の次世代認定マーク「プラチナくるみん」を取得

住友商事は、2015年6月、くるみん認定を受けた企業の中でも、さらに両立支援の取り組みが進んでいる「子育てサポート」企業として、厚生労働大臣の「プラチナくるみん認定」を受けました。

関連するニュースリリース

住友商事は、2005年4月以降、次世代育成支援対策推進法に基づいて社員の子育て支援のための行動計画を策定・実施し、2008年より継続して「くるみん認定」を受けています。

当社は、今後も従業員の多様な価値観・ライフスタイルを尊重し、一人一人の活躍に向けた取り組みを継続していきます。

厚生労働省による「イクメンプロジェクト」サポーター登録

「イクメンプロジェクト」とは、働く男性が、より積極的に育児にあたることや、育児休職を取得することができるよう、社会の機運を高めることを目的とした厚生労働省によるプロジェクトです。

【住友商事のイクメンサポーター宣言】

住友商事は、社員一人一人の仕事を含めた生活全体の充実が、活力を生み、新たな価値創造の原動力になると考えます。育児に関われるのは人生の中でもごく限られた期間であり、親として、人間として、育児から学ぶこともたくさんあります。住商マンとして一皮むけて成長してもらうために、仕事にも人生にも一生懸命な「イクメン」を住友商事は応援します。

厚生労働省「仕事と生活の調和推進プロジェクト」に参画

住友商事は、2008年4月から2010年3月まで実施された、厚生労働省による「仕事と生活の調和推進プロジェクト」にモデル企業(10社)の1社として参画しました。

■本プロジェクトに関連するニュースリリース

厚生労働省「仕事と生活の調和推進プロジェクト」参画(2008年4月11日)

厚生労働省「仕事と生活の調和推進モデル事業」における「トップ宣言」(2008年7月11日)

厚生労働省「仕事と生活の調和推進プロジェクト」におけるアクションプログラム(2009年3月31日)

厚生労働省「仕事と生活の調和推進プロジェクト」取り組み結果など総括(2010年3月29日)


厚生労働省「仕事と生活の調和推進プロジェクト」の取り組み全体については、以下よりご覧いただけます。

仕事と生活の調和推進プロジェクト

ワークライフマネジメントのこれまでの取り組み

2005年 3月 人材マネジメントにおけるワーク・ライフ・バランス施策を経営会議で発表
4月 全社横断「ワーク・ライフ・バランス推進プロジェクトチーム」設立
7月 トップダウンによる残業問題解消に向けた取り組みを開始
(深夜残業の原則禁止/時間外縮減)
8月 ワーク・ライフ・バランス ポリシー策定
(WLBの推進が経営理念「豊かさと夢の実現」に寄与する、とした)
2006年 6月 ワーク・ライフ・バランス小冊子を全社員に配付
7月 社長メッセージ「持続的成長に向けた有給休暇取得促進と残業縮減」
2007年 4月 中期経営計画(GG Plan)「4つの質の向上~人材及び働き方の質の向上」
2008年 4月 厚生労働省「仕事と生活の調和推進プロジェクト」に参画
2009年 4月 中期経営計画(FOCUS'10)「価値創造力を高める人材および組織づくり」
2010年 5月 ワーク・ライフ・バランス推進パンフレットを全社員向け配布
2013年 12月 「時間管理の今後の方向性」メリハリある働き方の推進メッセージ発信
2014年 12月 「仕事と介護の両立支援ハンドブック」「仕事と育児の両立支援ハンドブック」を全社員向け配布 「子女のみを帯同する海外勤務者サポート制度」創設
2015年 6月 プラチナくるみん 認定取得
12月 施策名称を「ワークライフマネジメント」に変更
2016年 1月 有給休暇取得促進プロジェクト実施(全社定量目標の設定)
5月 えるぼし 認定取得
2017年 1月 プレミアムフライデーズ(PFs)導入
2月 「健康経営優良法人~ホワイト500~」認定取得
5月 「メリハリある働き方サポートハンドブック」配布
10月 全社横断「ダイバーシティ推進プロジェクトチーム」活動開始
(「ワークライフマネジメント推進プロジェクトチーム」を改組)
2018年 2月 「健康経営優良法人~ホワイト500~」認定取得
全社員に配布したワークライフマネジメント推進パンフレット
Top