外部からの評価

FTSE4Good Index Series / FTSE Blossom Japan Index

住友商事は、「FTSE4Good Index Series」並びに「FTSE Blossom Japan Index」の構成銘柄に選定されています。(2019年6月時点)

「FTSE4Good Index Series」とは、FTSE Russellが定める環境・社会・ガバナンス(以下ESG)面で優れた企業銘柄を選定した株式指標です。また、「FTSE Blossom Japan Index」とは、同じくFTSE Russell社が開発したESG面に優れた日本企業のパフォーマンスを反映するインデックスであり、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)がESG指数として採用するなど、ESG投資のための代表的な指数のひとつになっています。

S&P/JPXカーボン・エフィシェント指数

当社は、「S&P/JPXカーボン・エフィシェント指数」の構成銘柄に選定されています。(2019年3月時点) 同指数は、S&Pダウ・ジョーンズ・インデックス社による、ESGのうちE(環境)に着目したもので、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)がESG指数として採用しています。

SOMPOサステナビリティ・インデックス

当社は、SOMPOアセットマネジメント社が運用する「SOMPOサステナビリティ・インデックス」の構成銘柄に選定されています(2020年6月時点)。2012年8月にSOMPOアセットマネジメント社が開始した「SOMPOサステナブル運用」は、ESG評価が高い企業に幅広く投資する、年金基金・機関投資家向けの運用プロダクトです。

CDP

2019年に実施されたCDP(※)において、気候変動「B:マネジメントレベル」、ウォーター「A:リーダーシップレベル」、フォレスト「A-:リーダーシップレベル」の評価を取得しました。

  • CDP:
    企業や都市の環境への取り組み情報を収集し、分析した結果を公開する英国ベースの国際的な非政府団体。環境関連の調査では世界最大規模であり、毎年企業からの回答状況を基にA, A-, B, B-, C, C-, D, D-の8段階評価が付与されます。520を超える国際的な機関投資家のサポートを受け、その運用資産総額は96兆米ドルに達しています。2019年は8,400を超える企業がCDPプログラムへ回答しました。

以下の記事もご覧ください。

トピックス:「CDP ウォーターセキュリティ2019で最高評価「Aリスト」を獲得」

ゼロエミ・チャレンジ企業

当社は、2020年10月、脱炭素化社会の実現に向けたイノベーションに挑戦する企業として、経済産業省の「ゼロエミ・チャレンジ企業リスト」に掲載されました。

女性活躍推進法に基づく優良企業「えるぼし」企業認定

当社は2016年5月に、女性活躍推進法で定められている「一定の基準を満たし、女性の活躍推進に関する状況等が優良な企業」と認められ、2つ星の「えるぼし」企業として認定を受けました。

厚生労働省次世代認定マーク「プラチナくるみん」

当社は、2015年6月、くるみん認定を受けた企業の中でも、さらに両立支援の取り組みが進んでいる「子育てサポート」企業として、厚生労働大臣の「プラチナくるみん認定」を受けました。

経済産業省「健康経営優良法人~ホワイト500~」

当社は、経済産業省より優良な健康経営を実践している法人として、「健康経営優良法人~ホワイト500~」の認定を3年連続(2017年、2018年、2019年)受けています。

PRIDE指標「ブロンズ」認定

当社は、2019年10月にLGBTを含むセクシュアル・マイノリティへの取り組みが評価され、任意団体「work with Pride」が策定しているPRIDE指標において「ブロンズ」の認定を受けています。

総務省「テレワーク先駆者百選」

当社は、総務省の令和元年度「テレワーク先駆者百選」に選定されました。「テレワーク先駆者百選」は、総務省がテレワークの導入・活用を進めている企業・団体の中から、十分な実績を持つ企業などを公表しているものです。

デジタルトランスフォーメーション銘柄(DX銘柄)2020

当社は、経済産業省と東京証券取引所から「デジタルトランスフォーメーション銘柄(DX銘柄)2020」に選定されました。「DX銘柄」は、デジタル技術をベースに、ビジネスモデルなどを抜本的に変革し、新たな成長・競争力強化に取り組む企業を選定するものです。当社は、デジタル時代に向けた広範な取組みを進めていること、企業文化にDXが深く浸透していることが高く評価されました。

Top