Go to Sumitomo Corporation in North, Central and South America Site.
close

2018年07月27日
住友商事株式会社
Axiata Digital Advertising

東南アジアにおけるデジタル広告事業への参画について

住友商事株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 社長執行役員 CEO:兵頭誠之、以下「住友商事」)は、東南アジア中心に主にモバイルキャリア事業を展開しているAxiata Group Berhad(以下「アジアータ・グループ」)の企業で、デジタル広告事業を行うAxiata Digital Advertising社(本社:マレーシア クアラルンプール、代表:Srinivas Gattamneni、以下「ADA社」)へ出資しました。出資金額は、20百万米ドルです。

東南アジアにおける個人の携帯電話やSNSの利用時間は日本の3倍以上といわれており、デジタル広告市場は、2017年の27億ドルから2021年には53億ドルへ拡大する見込みです。

アジアータ・グループは、アジア最大級の通信事業グループで、モバイル・固定通信事業、通信インフラ事業、デジタルサービスを13か国で展開しており、顧客数は3.5億人にのぼります。ADA社は、アジアータ・グループの保有する顧客情報や利用データを匿名化して所有・分析するプラットフォームを有し、テクノロジーを強みとしたデジタル広告事業を東南アジア中心に展開しています。

住友商事は、AI・ビッグデータ解析などの先端技術を活用し、ADA社が保有するデータマネジメントプラットフォームの高度化を進めるほか、成果報酬型広告をはじめとするデジタル広告ノウハウの提供、日系広告主の開拓サポートなどを行うことで、ADA社の事業拡大に貢献します。

住友商事とADA社は、プラットフォームの高度化を通じ、マイクロファイナンス、送金、決済などを行うフィンテック事業やIoT事業など、新しい事業の創出にも共同で取り組みます。

 

<参考資料>

■アジアータ・グループについて
・所在地 : マレーシア クアラルンプール
・代表者 : Tan Sri Jamaludin Ibrahim
・事業内容 : ASEAN・南アジア 13か国でモバイル・固定通信事業、通信インフラ事業、デジタルサービスを展開
 
 
■Axiata Digital Advertisingについて
・所在地 : マレーシア クアラルンプール
・代表者 : Srinivas Gattamneni
・事業内容 : ASEAN・南アジアにおけるデジタル広告事業


■  住友商事のマテリアリティ(重要課題)
住友商事グループは『社会とともに持続的に成長するための6つのマテリアリティ(重要課題)』を、事業戦略の策定や個々のビジネスの意思決定プロセスにおける重要な要素と位置付け、事業活動を通じて課題を解決することで持続的な成長を図っていきます。本事業は、特に「地域と産業の発展への貢献」「快適で心躍る暮らしの基盤づくり」に資する事業です。


 




本件に関する問い合わせ先
住友商事株式会社 広報部 報道チーム
お問い合わせフォーム
Top