事業紹介

住友商事グループの事業

グローバルに広がる強固なビジネス基盤と多様で高度な機能を連携させ、
既存の枠組みを超えて社会課題を解決し、新たな価値を創造していきます。

グローバル事例

展開国・地域数
66
展開国数展開国数
事業所数
135カ所
展開国数展開国数
クライアント
100,000
展開国数展開国数
東アジア
18カ所
アジア大洋州
26カ所
欧州・アフリカ・中東・CIS
44カ所
米州
25カ所

※2021年3月31日時点


世界各地の事例

住友商事グループは6つの事業部門、1つのイニシアチブと国内・海外の地域組織が連携し、グローバルに幅広い産業分野で事業活動を展開しています。
強固なビジネス基盤と多様で高度な機能を戦略的・有機的に統合することで、変化を先取りし、既存の枠組みを超えて社会課題を解決し、新たな価値を創造していきます。

6つの事業分野

金属事業

鋼材・鋼管・輸送機材など、さまざまな金属製品・鋳鍛造品のグローバルなバリューチェーンを構築し、地域と産業の発展に貢献しています。

当社は、鋼材・鋼管・輸送機材など、幅広く金属製品を取り扱っています。金属製品は自動車・船舶・航空機・鉄道用車両などの輸送機や家電・OA製品、石油や天然ガスの採掘と輸送に用いられる油井管やパイプラインなど、さまざまな用途に使用され、われわれの生活を支えています。自動車市場では軽量化やEV化に対応し、素材供給を通じて環境型社会構築への貢献を目指しています。エネルギー市場では主要メジャーと長期契約を締結し油井管の安定供給に貢献するとともに、グローバルネットワークを通じて質の高いサービスを提供しています。

輸送機・
建機事業

輸送機、建機ビジネスおよびリース、ファイナンス事業を通じてサステナブルな社会に向けた構造改革に取り組み、新たな価値の創造と新しい社会インフラの構築に貢献します。

リース・船舶・航空宇宙分野では、船舶ビジネス、航空宇宙ビジネス、世界トップクラスの航空機・エンジンリース事業を展開するとともに、当社グループの国内大手リース・ファイナンス会社に商社機能を融合させることで、さらなる価値創造を目指します。自動車分野では、自動車および自動二輪車のバリューチェーンを俯瞰し、グローバルに展開する製造・販売・流通事業、ならびに金融サービス事業をベースとして、次世代モビリティサービスでのイノベーションを目指します。建設機械分野では、各種インフラの建設、鉱山開発に寄与するため、販売代理店事業を通じてプロダクトサポートを含む質の高い顧客サービスを提供するとともに、機材のレンタル事業をグローバルに展開します。また、先進技術を活用した事業の高度化や新たな事業展開を目指します。

インフラ事業

国・地域・社会のニーズに応えたグローバルなインフラ事業を通じて、地球環境との共生および地域社会・産業の発展に貢献します。

社会インフラ分野では、国内における電力小売事業、水事業、交通輸送インフラ関連ビジネス、空港・スマートシティ開発などに注力しています。
電力インフラ分野では、国内外の大規模なI(W)PP(※1)事業および電力EPC(※2)ビジネスに取り組んでいる他、次世代の電力ビジネス開発に取り組んでいます。
物流・保険分野では、総合物流事業、港湾事業の開発・運営に加え、各種保険手配・保険商品の開発、海外工業団地の開発・運営を行っています。
また、国内外における風力や太陽光、地熱、バイオマスといった再生可能エネルギー発電事業などの環境配慮型インフラ整備に注力し、持続可能な社会の実現に貢献します。

  1. I(W)PP:独立発電(造水)事業者
  2. EPC:工事込みプラント建設請負形態

メディア・
デジタル事業

メディア・デジタルビジネス・スマートプラットフォーム分野における、質の高い商品やサービスの提供を通じて、快適で心躍る暮らしの基盤づくりと多様なアクセスの構築に貢献しています。

メディア分野では、日本最大のケーブルテレビ事業であるJCOM、テレビ通販事業のジュピターショップチャンネルに加え、成長が見込まれる第5世代移動通信システム(5G)関連事業、デジタルメディア関連事業に取り組み、収益基盤の強化を進めます。デジタルビジネス分野では、DXセンターに社内外のデジタル人材を集結し、ITサービス事業を展開するSCSKとの一体運営により、住友商事グループのデジタルトランスフォーメーションを加速させます。また、グローバルなベンチャー投資ネットワークを通じて先進テクノロジーを取り込み、全社のイノベーションを推進します。スマートプラットフォーム分野では、携帯電話販売事業のティーガイアやミャンマーでの携帯通信事業および付加価値サービスを拡充し、スマート社会の基盤構築に取り組んでいきます。

生活・
不動産事業

ライフスタイル・リテイル、食料、生活資材・不動産分野における、環境に配慮したビジネス、および質の高い商品やサービスの提供を通じて、地球環境との共生や快適で心躍る暮らしの基盤づくりに貢献しています。

ライフスタイル・リテイル分野では、食品スーパー、ドラッグストアを中心に、消費者の多様な価値観を捉えるリテイル関連事業に加えヘルスケア事業も拡充していきます。 食料分野では、青果や食肉を中心とした生鮮流通・加工事業の拡大と、穀物・油脂、砂糖などの食品原料事業における安定した事業基盤づくりを目指します。生活資材・不動産分野では、国内でのオフィスビルや商業施設、住宅、Build to Suit事業(オーダーメイド型開発)、物流施設、不動産ファンド事業などを柱とし、米国やアジア地域を中心とした海外事業にも積極的に取り組んでいきます。

資源・
化学品事業

資源・エネルギー、化学品・エレクトロニクスの安定供給を通じて、地球環境の保全および地域と産業の豊かで持続的な発展に貢献しています。

あらゆる産業の基礎となる貴重な鉱物・エネルギー資源を確保し、トレードビジネスを通じて、バリューチェーンの拡充やデリバティブ機能を活用した多様なビジネスを展開しています。基礎化学品、電子材ではトレードと製造の両輪体制により、高度化する顧客のニーズに対応しています。ライフサイエンスにおいては、高い専門性とグローバルな事業展開をし、豊かな暮らしの基盤づくりに貢献しています。

次世代事業の創出

エネルギー
イノベーション

脱炭素・循環型エネルギーシステムを構築することにより、持続可能な社会の実現に貢献していきます。

エネルギーバリューチェーン全体を俯瞰し、3つの取り組みテーマを軸に、顧客視点でカーボンニュートラル社会実現に資する次世代事業を創出していきます。
「カーボンフリーエネルギーの開発展開」では、水素・アンモニアなどの利活用事業を展開。「新たな電力・エネルギーサービスの拡大」では、大型蓄電事業、電力・エネルギープラットフォーム事業などに取り組み、「二酸化炭素(CO2)の吸収・固定・利活用」では、森林事業などを通じて環境価値創造に挑戦していきます。

Top