企業情報

住友商事グループについて

私たちは、常に変化を先取りして新たな価値を創造し、
広く社会に貢献するグローバルな企業グループを目指します。

住友商事グループを知る

数字で見る

事業所数

66カ国・地域
135拠点
国内 22拠点海外 113拠点
事業所数事業所数

社員数(連結ベース)

67,384
社員数連結社員数連結

連結対象会社数

929
グループ会社数グループ会社数

株主資本 (*1)

2.7兆円
資本金資本金

当期純利益 (*2)

3,205億円
純利益純利益

企業評価

Fortune Global 500※25年間連続
500500

世界の発展をけん引するグローバルカンパニーの1社として、米フォーチュン誌の選出するFortune Global 500に25年間選出されています。

国際会計基準(IFRS)に基づく ※2019年9月30日時点
(*1) 親会社の所有者に帰属する持分 (*2)親会社の所有者に帰属。2018年度実績

事業展開

金属

12,105億円

輸送機・建機

17,527億円

インフラ

9,182億円

総資産78,822億円
 
金属
15.4%
 
輸送機・建機
22.2%
 
インフラ
11.6%
 
メディア・デジタル
10.9%
 
生活・不動産
19.2%
 
資源・化学品
20.7%

メディア・デジタル

8,587億円

生活・不動産

15,121億円

資源・化学品

16,300億円

※2019年9月30日時点 ※消去又は全社を除く

歴史

創立1919年。信頼と共に築いてきた100年の歴史。

1919年

住友商事前身の誕生

住友商事前身の誕生

住友商事のルーツは、1919年12月に設立された大阪北港(後の住友土地工務)。大阪北港地帯の造成と隣接地域の開発など、不動産経営にあたった。

1945年

商事部門への進出

商事部門への進出

1945年11月には、日本建設産業に改称し、新たに商事部門に進出。その後、1952年6月に住友商事に改称した。

1970年代

総合商社としての基盤確立

総合商社としての経営基盤確立

1970年、東京支社を東京本社に改称し、大阪本社との2本社体制を敷いた。その後、貿易活動の発展(拡大)とともに、海外拠点は100を超えた。

中期経営計画2020

新たな価値創造への飽くなき挑戦


関連情報

住友商事グローバルリサーチ

住友商事グローバルリサーチ(SCGR)は、住友商事グループのグローバルなネットワークを活かし、内外の政治・経済・産業等に関する調査、分析を行うシンクタンクです。

詳細を見る

Top