Go to Site.
close

グローバル事例

海外工業団地事業を通じ、
ものづくりを総合的、継続的にサポートする

ベトナム/インド/フィリピン/ミャンマー/インドネシア/タイ/カンボジア

ご契約いただいた時が、お付き合いの始まり

1985年、当時の主要先進5カ国が交わしたプラザ合意で急速な円高が進んだことにより、多くの日本企業が海外に進出してビジネスを展開するようになりました。製造業が海外で活動するにあたっては、工場を建てる敷地や設備のほか、インフラ、物流、資材調達など広範な機能が必要となります。住友商事は、90年という非常に早い時期から、それらの機能を備えた海外工業団地の開発と運営に乗り出しました。

当社がこのビジネスに着手したきっかけは、80年代に顧客に対し、タイの地場工業団地への進出支援を行ったことでした。当時、拍車がかかると予想された製造業の海外進出を支援するために、工業団地の機能をトータルに提供したい、そう考えたのがこのビジネスの始まりです。第一号はインドネシアのイーストジャカルタ工業団地でした。その後今日に至るまで、フィリピン、ベトナム、ミャンマーなどの東南アジア各国、さらに近年ではインド南部のチェンナイ近郊で工業団地の開発・運営を行っています。

第二タンロン工業団地 第一期(ベトナム)

当社の海外工業団地ビジネスの最大の特徴は、現地における土地の収用から、開発、企業誘致、運営、入居企業のサポートまでをワンストップで手掛けている点にあります。工業団地を開発し、日本国内の販売網を駆使して入居企業を誘致するだけでなく、電気・水などのインフラを供給し、入居企業の海外でのものづくりを支援する。また、入居企業がものづくりに必要な資材の供給などについても、総合商社ならではの総合力を生かしてサポートしていくのが住友商事の海外工業団地ビジネスの最大の特徴です。日本の総合商社で唯一、海外工業団地の開発・運営・販売に特化した事業部を設けているのも、総合的かつ継続的なサービスを提供していくためです。「ご契約いただいた時が、お付き合いの始まり」。このキャッチコピーが事業の特性をよく表しています。

第二タンロン工業団地 調整水路(ベトナム)

アジア各国で多彩な工業団地を展開

住友商事が現在、この事業をとりわけ大規模に展開しているのがベトナムです。同国では、97年に完成したタンロン工業団地を皮切りに、2006年に第二タンロン工業団地、15年には第三タンロン工業団地と、ほぼ10年おきに新しい団地を開発してきました。この20年の間、日系製造業のベトナム進出は年々加速してきました。その活動の重要な基盤となっているのがこれらの工業団地です。

第三タンロン工業団地 開発現場(ベトナム)

ほかにも、古くは、90年にスタートしたインドネシアのイーストジャカルタ工業団地、96年にスタートしたフィリピンのファーストフィリピン工業団地、新しくは、14年に始まったミャンマーのティラワ経済特別区の工業団地、15年に始まったインドのマヒンドラ工業団地などを当社は運営しています。さらに、インドネシア、フィリピン、タイ、カンボジアの各国において、他の事業者が開発・運営を手掛けている工業団地の代理販売事業も行っています。

経済発展の度合いや国内法制の異なるアジア各国に多様な工業団地をラインナップし、それによって、生産コスト、製造原価などを踏まえて最も適した団地を企業に選んでいただけることが、当社の海外工業団地ビジネスの特徴です。

マヒンドラ工業団地チェンナイ開発現場(インド)

日本企業と現地の人々を共に幸福にしたい

海外でものづくりを手掛ける企業のニーズは極めて多岐にわたります。あらゆる工業団地で、物流や資材の供給などの面で住友商事グループの総合力を結集し、入居企業の多様なニーズにこれまで以上に対応していくことがこの事業の大きな目標です。そして、各工業団地の事業拡張、また他国・他地域での新たな展開も常に視野に入れています。住友商事が運営する海外工業団地の入居企業は、現在日系企業が7割を占めています。今後も引き続き日系企業のニーズに対応しつつも、欧米、アジアなどの企業へのアプローチも検討していく考えです。

総合商社の大きな役割は、異なるものを「結ぶ」ことにあります。海外工業団地事業は、日系企業とアジア各国を結び、日本企業と現地の人々を共に幸福にすることを目指すビジネスと言えます。企業は快適で安全な環境でものづくりに取り組むことができる。現地の人々はそこで働くことによって、富を蓄え生活を豊かにすることができる。さらに、つくられたさまざまな製品が、日本を含む世界中の国々に届けられ、人々の生活を幸福にしていく。そのようなサイクルをつくることが、この事業の最大の目標です。

ベトナム、ミャンマーでの地域貢献活動

2018年05月掲載

キーワード

  • インフラ事業
  • アジア・大洋州
  • 環境

関連する事例


Top