Go to Site.
close

2018年10月17日
住友商事株式会社

ロボティクス関連の取り組みについて~World Robot Summit 2018への協賛~

住友商事株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員 CEO:兵頭 誠之、以下「住友商事」)は、2018年10月17日より開催するWorld Robot Summit 2018(以下「WRS」)にGlobal Partnerとして協賛します。WRSがテーマとする人とロボットが共生し協働する社会の実現に向け、世界のロボティクス企業間の交流をサポートし、新技術を通じた様々な社会課題の解決を目指します。

世界のロボティクス市場の規模は、少子高齢化に伴う労働力不足や人件費上昇等を背景に加速度的に拡大しており、5年後には約20兆円を超えると言われています。また、IoTやAIの進歩により、ロボット活用の技術的な土台も整いつつあります。

WRSは、人間とロボットが共生し協働する世界の実現を念頭に、世界のロボットの叡智を集めて開催する競演会です。ロボットの競技会と、最新のロボット技術展示を通して、日々の生活、社会、産業分野におけるロボットの社会実装と研究開発が進んでいくことを期待するものです。

住友商事は、米国シリコンバレーや香港にあるスタートアップ投資子会社を通じて、米国・中国を中心にこれまで2百社以上の海外スタートアップ企業に投資しています。先進的なロボティクス関連技術を開発する企業群についても各分野で発掘、事業化を支援し、先端技術と顧客企業・生産現場等へのマッチングを加速します。また、世界中で住友商事グループが展開する多様な事業活動においても、各種ロボットの導入を進めます。

住友商事は、「中期経営計画2020」において、既存ビジネスの拡充に加え、プラットフォーム事業の活用とデジタルトランスフォーメーションを推進し、次世代の新たな収益の柱となるビジネスの創出を目指します。次世代新規ビジネスの創出に関しては、将来に向けた大きな潮流であるメガトレンドを見据えた上で、強みを活かせる分野として、「テクノロジーxイノベーション」・「ヘルスケア」・「社会インフラ」の3つを成長分野に特定し、未来視点で積極的に経営資源を投入します。

 

<参考資料>
■WRSの住友商事ブース(イメージ)/東京ビッグサイト 東6ホール

1

 

 

 

■WRSの住友商事ブースにて展示するロボット
①コミュニケーションロボット(ユニロボット(株))
②物流支援ロボット((株)ZMP)
③農業用ドローン((株)ナイルワークス)
④次世代型清掃ロボット(CYBERDYNE(株))

2 3
①コミュニケーションロボット
「unibo」
(ユニロボット(株))
②物流支援ロボット
「CarriRo Delivery」
((株)ZMP)
4 5
③農業用ドローン
「Nile-T18」
((株)ナイルワークス)
④次世代型清掃ロボット
「MB-CL02」
(CYBERDYNE(株))

 

 

<参考資料>
■住友商事のマテリアリティ(重要課題)
住友商事グループは『社会とともに持続的に成長するための6つのマテリアリティ(重要課題)』を、事業戦略の策定や個々のビジネスの意思決定プロセスにおける重要な要素と位置付け、事業活動を通じて課題を解決することで持続的な成長を図っていきます。本事業は、特に「地域と産業の発展への貢献」および「快適で心躍る暮らしの基盤づくり」に資する事業です。



本件に関する問い合わせ先
住友商事株式会社 広報部 報道チーム
お問い合わせフォーム
Top