2019年02月28日
住友商事株式会社

オーストラリアにおけるボーキサイト採掘・アルミナ精錬事業への参画について

住友商事株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員 CEO:兵頭 誠之、以下「住友商事」)は、マレーシアのアルミニウム製錬・押出製品最大手であるPress Metal Aluminium Holdings Bhd.(以下「プレスメタル社」)と共同出資するアルミ製錬事業会社Press Metal Bintulu Sdn. Bhd.(以下「プレスメタルビントゥル社」)を通じて、オーストラリアのボーキサイト採掘・アルミナ精錬の一貫プロジェクトであるWorsley Alumina Joint Venture(以下「ワースレーアルミナJV」)の事業に参画します。プレスメタルビントゥル社は、ワースレーアルミナJV権益 の10パーセントを保有するJapan Alumina Associates (Australia) Pty. Ltd.株式の50パーセントを伊藤忠商事グループから取得します。

ワースレーアルミナJVは、西オーストラリア州のパースの南東約150㎞に位置するワースレー地区において、ボーキサイト採掘・アルミナ精錬を一貫で行うプロジェクトであり、年間460万トンのアルミナ生産能力を有します。1984年に生産を開始、豊富な埋蔵量の良質ボーキサイトを利用した大規模一貫生産により、世界トップクラスの価格競争力を持っています。プレスメタルビントゥル社の持分権益数量は年間23万トンに相当します。

アルミニウムが製品化されるプロセスは、原料であるボーキサイトの採掘から始まり、中間原料であるアルミナの精錬、アルミニウム地金の製錬、そしてアルミニウム板材・型材などをつくる圧延・押出を経て、最終的に各種部品や缶などの製品となります。今回のワースレーアルミナJVへの参画は、住友商事のアルミ関連ビジネスの中核を担うプレスメタル製錬事業の原料マネジメント戦略の一環です。

住友商事は、アルミニウムの需要は今後も堅調に伸びると見込んでおり、引き続き価格競争力を持つアルミ製錬権益の拡大と、それに対応する上流権益への参画を目指します。
 

 

<参考資料>

■Worsley Alumina Joint Venture概要
案件名 : Worsley Alumina Unincorporated Joint Venture (ワースレーアルミナJV)
事業概要 : ボーキサイト採掘・アルミナ精錬事業
生産開始 : 1984年
参加者構成 : South 32 86%、Sojitz Alumina 4%、Japan Alumina Associates (Australia) Pty. Ltd.
(プレスメタルビントゥル 50%、双日 50%)10%
アルミナ生産能力 : 4,600,000トン/年



■Press Metal Bintulu Sdn. Bhd.概要
会社名 : Press Metal Bintulu Sdn. Bhd.
事業概要 : マレーシアにおけるアルミニウム製錬事業
生産開始 : 2012年
出資構成 : Press Metal Aluminium Holdings Bhd. 80%、
Bunga Raya Aluminium Sdn. Bhd.(住友商事100%) 20%
アルミ生産能力 : 640,000トン/年

 

■出資スキーム図

 

 

 

■住友商事のマテリアリティ(重要課題)

住友商事グループは『社会とともに持続的に成長するための6つのマテリアリティ(重要課題)』を、事業戦略の策定や個々のビジネスの意思決定プロセスにおける重要な要素と位置付け、事業活動を通じて課題を解決することで持続的な成長を図っていきます。本事業は、特に「地球環境との共生」、「地域と産業の発展への貢献」に資する事業です。

 

 

 

 

 

 


本件に関する問い合わせ先
住友商事株式会社 広報部 報道チーム
お問い合わせフォーム
Top