2022年03月23日
住友金属鉱山株式会社
住友商事株式会社

豪州ノースパークス鉱山における既存鉱体拡張開発の完工について

住友金属鉱山株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:野崎 明、以下「住友金属鉱山」)と住友商事株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員CEO:兵頭 誠之、以下「住友商事」)は、中国の資源企業であるチャイナ・モリブデン社(China Molybdenum Co.,Ltd 本社:中華人民共和国河南省洛陽市 CEO:Sun Ruiwen、以下「CMOC社」)と共同で操業中のノースパークス鉱山(豪州ニューサウスウェールズ州、以下「本鉱山」)における既存鉱体の拡張部分(E26鉱体Lift1North)の工事を完了し、生産を開始しました。

本鉱山は、1994年から銅・金鉱床を採掘し銅精鉱を生産しています。現在主力であるE48鉱体に次ぐ採掘対象として、2019年よりE26鉱体Lift1Northの開発に着手し、2022年3月から生産を開始しました。採鉱法はE48鉱体と同じくブロックケービング法(参考資料参照)を採用しています。今回の開発により、約9年間の操業延長が可能となります。

住友金属鉱山は、本開発のような既存鉱山の生産量維持の投資にも取り組む中で、引き続き銅権益分生産量30万トン/年の長期ビジョン実現に向けて前進していきます。

住友商事は、中期経営計画「SHIFT 2023」における資源・化学品事業部門の事業戦略として、サステナブルな社会の実現に向けた銅・ニッケル・リチウムへの商品ポートフォリオのシフトを掲げています。今後も安定的な銅の生産・供給に努め、2050年のカーボンニュートラル化に貢献していきます。

■参考資料
1.ノースパークス鉱山位置図
豪州ニューサウスウェールズ州、パークスの北西27km、シドニーの西方約300kmに位置する。

2.ノースパークス鉱山 坑外外観写真(CMOC社提供)

3.CMOC社 概要

設立  :  1999年12月 
資本金 :   約43億人民元
上場証券取引所
 上海、香港
 主要生産物 :   銅、モリブデン、タングステン、コバルト等

4.ブロックケービング法 概要

ブロックケービング法は、アンダーカット(下透かし)により地下に一定の大きさの空間を設け、その上部に賦存する鉱石を自然崩落(ケーブ)させ、アンダーカットの下部に設けた鉱石抽出口(ドローポイント)から鉱石を回収する採鉱法。坑内採鉱法の中で最も採掘コストが低く、他の大型鉱山でも広く採用されている。鉱石品位が低下し、開発エリアが深部化していく世界的な傾向の中、将来的に露天掘りに取って代わる採掘方法として注目されている。


本件に関する問い合わせ先
住友商事株式会社 広報部 報道チーム
お問い合わせフォーム
Top