2018年12月11日
住友商事株式会社

ESGコミュニケーションブック2018公開について

住友商事株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員 CEO:兵頭誠之、以下「住友商事」)は、社会・環境面の諸問題への取り組みや持続的成長についての考え方をまとめたESG(Environment、Social、Governance)コミュニケーションブック2018を公開しました。

昨今、持続可能な社会の実現への関心の高まりを受け、企業の社会課題への取組みやガバナンス等の経営の仕組みから長期的な企業価値向上の見通しを評価する、ESG投資の動きが広がっており、企業はそうした非財務情報の積極的な開示を求められています。

住友商事は、ステークホルダーの皆様に向けた対話のツールとして、統合報告書やホームページを通じ非財務情報を開示しております。今般、新たに、「ESGコミュニケーションブック2018」を作成し、より充実した非財務情報を一元的に開示することで、様々なステークホルダーとの有効なコミュニケーションを図っていきます。

住友商事グループは、事業を通じて社会課題の解決に貢献し、社会とともに持続的に成長していくことを目指します。
 

関連情報

ESGコミュニケーションブック2018


詳細を見る

本件に関する問い合わせ先
住友商事株式会社 広報部 報道チーム
お問い合わせフォーム
Top