2018年12月12日
住友商事株式会社

ベトナムにおける食品小売事業の展開について

住友商事株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員 CEO:兵頭誠之、以下「住友商事」)は、ベトナムでのスーパーマーケット需要の急速な高まりを捉え、2018年9月に現地パートナーであるBRGグループ(注)と共同でFujiMart Vietnam Retail LLC(以下「新会社」)を設立しました。店舗ブランドをFujiMart(以下「フジマート」)とし、同国において食品小売事業の展開を開始します。

近年、中間層の成長が著しいベトナムは、人口が1億人に迫り、実質GDP成長率が高水準で推移するなど、国内消費市場の急速な拡大が見込まれております。ベトナムでは、まだ個人経営の小規模店舗が販売を担う伝統小売市場が中心となっていますが、ハノイ市、ホーチミン市、ダナン市などの大都市圏では、昨今スーパーマーケットやコンビニエンスストアといった近代小売市場の比率が高まっています。今後は、中間層の増大による生活水準の向上とともに、食の安心・安全に対する意識の高まりから、近代小売市場がさらに拡大していくと予測されています。

新会社は、2018年12月中にハノイ市内でフジマートの第1号店舗を開店します。マーケット特性を見極め、十分な事業性が見込めると判断できれば積極的に多店舗化を推し進める計画です。フジマートは、鮮度管理や顧客サービス等に強みがある日本式スーパーマーケットのノウハウをベトナム市場に適した形で投入していくことで、消費者が生鮮品を中心とした日常の食料品を安心・安全に購入できる生活基盤となることを目指します。

住友商事は、長年にわたり、食品小売事業であるサミットをはじめ、複数の小売事業を国内で展開してきました。また海外では、台湾において、現地パートナーと食品小売関連事業のシンプルマートを展開しています。これまでの豊富な小売事業運営を通して培ったマーチャンダイジング、店舗運営、店舗レイアウト・デザインなどのノウハウをフジマートの運営に活かし、ベトナムの人々の快適で心躍る暮らしの基盤をつくるとともに、ベトナム産業の発展に貢献します。

(注)不動産事業、金融、ゴルフ場、小売、自動車事業などを手掛けるコングロマリット。小売事業では、スーパーマーケットのIntimex、総合スーパーのBig-Cをベトナムで展開している。



<参考資料>
■FujiMart Vietnam Retail LLCについて
所在地 : ベトナム社会主義共和国ハノイ市
設立年月 : 2018年9月
事業概要 : ベトナム国内における食品小売事業



■住友商事のマテリアリティ(重要課題)
住友商事グループは『社会とともに持続的に成長するための6つのマテリアリティ(重要課題)』を、事業戦略の策定や個々のビジネスの意思決定プロセスにおける重要な要素と位置付け、事業活動を通じて課題を解決することで持続的な成長を図っていきます。本事業は、特に「地域と産業の発展への貢献」および「快適で心躍る暮らしの基盤づくり」に資する事業です。



本件に関する問い合わせ先
住友商事株式会社 広報部 報道チーム
お問い合わせフォーム
Top