2023年01月20日

Advanced Air Mobilityを活用した物流事業創造への挑戦~千葉県勝浦市でドローンを活用した物流事業のお披露目式実施~

住友商事は、NEXT DELIVERYが勝浦市商店街活性化推進協議会から受託した「新たな配送サービス構築による商店街等にぎわい創出事業」における「商店街等ECモールサイト構築・運営及び共同配送業務」、および「商店街等ドローン配送導入業務」(以下本事業)について、NEXT DELIVERY、エアロネクスト、セイノーホールディングス、KDDIスマートドローンと連携し、Advanced Air Mobility(以下AAM)を活用した物流事業の構築を目指します。

千葉県勝浦市では、2021年からAAMを活用した物流事業の構築及び社会実装を推進しており、2022年2月のドローン配送サービスの実証実験(千葉県勝浦市でドローン配送サービスの実証実験を実施)を経て、2023年1月18日に本事業のお披露目式を実施するに至りました(22年度は1月18日から3月20日までの約2カ月間、本事業を実施予定)。お披露目式当日は各事業関係者が参加し、事業開始を見守りました。

各事業関係者代表による記念写真(左から順に、当社航空事業開発部長の多々良一郎、セイノーHD執行役員兼NEXT DELIVERY取締役の河合秀治氏、勝浦市商店街活性化推進協議会長の小髙伸太氏、勝浦市長の照川由美子氏、エアロネクスト執行役員兼NEXT DELIVERY取締役の伊東奈津子氏、KDDIスマートドローン代表取締役社長の博野雅文氏

関係各社との連携による本事業の実施を通じて、セイノーHDとエアロネクストが開発推進するドローン配送と陸上輸送を融合した新スマート物流SkyHub®(※)を勝浦市における課題やニーズに合わせた形に進化させるとともに、近隣都市を含む、より広域なエリアでの事業構築・社会実装、同様の物流・地域課題を抱えるエリアへの事業展開を目指します。

  • 新スマート物流SkyHub®:エアロネクストとセイノーHDが共同で開発し展開する、既存物流とドローン物流を繋ぎこみ、地上と空のインフラが接続されることで、いつでもどこでもモノが届く新スマート物流のしくみ。ドローン配送が組み込まれた、オープンプラットフォームかつ標準化したしくみで、ドローンデポ®︎を拠点に、SkyHub®アプリをベースにした配達代行、オンデマンド配送、医薬品配送、異なる物流会社の荷物を一括して配送する共同配送などのサービスを提供する

勝浦市においては、地域の商店と連携したオンデマンド配送・買物代行・フードデリバリーといったサービスを展開しながら、今後、特急配送・オンライン診療/医薬品配送・高齢者配食/見守り・ライフセービング・防災といったサービスへの広がりを検討し、次の3点をテーマに事業を構築します。

1. 商店街等のにぎわい創出

商店街等の仕入れ/配送/出前といった物流業務を本事業で担い、ECサイト構築によりユーザーが商店街等の商品を注文しやすくすることで、商店の人手不足を解消し、各商店の売上増加や商店街等の商圏拡大に寄与します。更には、観光サービスの促進により域外からの需要を拡大することで、商店街等のにぎわい創出を目指します。

2. 域内の物流効率化・最適化

物流人材不足、宅配荷物の増加、労働規制強化といった今後の障壁を乗り越えるべく、陸上配送を中心とした既存物流に空(ドローン)の物流を繋ぎ込むことで、域内ラストワンマイル配送の効率化・最適化を目指します。具体的には、配送非効率エリアへのドローンによる配送、複数の地域商店や物流事業者の荷物配送(共同配送)を実装して参ります。また量子技術を用いた配送システム関連技術等の次世代技術による物流最適化の検証も進めていきます。

3. 地域のカーボンニュートラル推進

電動ドローンやEVバン等を活用することで、地域のカーボンニュートラルを目指します。加えてCO2排出量削減への貢献のため、域内のヒトとモノの移動を合わせた貨客混載も検討します。EVバンについては、カーボンニュートラルを推進する住友三井オートサービス社(以下SMAS)からリース供給を受け、その中でSMASのテレマティクスサービス『SMAS-Smart Connect』を活用し、運行管理DX化や走行データの分析を通じて、更なるカーボンニュートラルへ向けた取組みを検討します。

今後AAMを活用した物流事業の実装に向けて、安心安全でより利便性の高いサービスを実現するべく、ドローンの複数機運航、夜間飛行、レベル4といった高度な運航に挑戦してまいります。今般の取組みでは、山間部やリアス式海岸が特徴的な勝浦市の各拠点にドローン離発着場を設置し、空を活用した新たな物流ルートであるAAMの物流網を巡らせ、既存物流と連携させることで、持続可能な物流システムの構築を実現します。

住友商事のAdvanced Air Mobility事業

近年、航空業界ではAdvanced Air Mobility(AAM)が注目を集めています。AAMとは低高度空域を電動・垂直離着陸・自動操縦で運航する次世代航空機による航空物流・交通システムのことを言います。その中でもドローン/UAV(無人航空機/Unmanned Aerial Vehicle)及び、空飛ぶクルマ/eVTOL(電動垂直離着陸機/Electronic Vertical Take-Off and Landing aircraft)は、「安心安全、安価で身近で手軽な」空の物流・交通手段として期待され、世界各地で社会実装に向けた開発が行われています。

この航空業界の変化を捉えて、住友商事は、AAMを活用した事業創造を進めています。これまで、ドローン/UAVの航空管制システムを開発するOneSky Systems, Incへの出資、将来的なAAM複数機運航に向けた量子コンピューティングを活用したリアルタイム三次元交通制御に関する実証、国内外でのドローンサービス実証、大阪・関西万博を想定した運航シミュレーションに取り組んでいます。

今後は、ラストワンマイル配送のみならず拠点間の輸送も含めた物流システムの進化、空を活用した新たな交通網の構築を進め、AAMの実装を通じた社会課題の解決に挑戦していきます。

本プロジェクト担当の武田光平(当社航空事業開発部)は、今回のお披露目式の成果を受けて、「関係者の皆様、長い間応援してくださった方々のおかげで、お披露目式を開催するに至りました。ありがとうございました。勝浦市の皆さまや関係者の方々を笑顔にできるよう、より一層尽力して参ります。今後、エリア拡大、大型AAM機材による長距離/重量荷物の輸配送導入等も検討し、2024年以降深刻化する物流課題の解決に寄与するとともに、新たなニーズに応える新サービスを開発していくことで、持続可能で魅力的な物流システムを実装していきます」と語りました。

お披露目式当日の様子

出発するEVバン
荷物をお届けするドローン
ドローンで運ばれた地元商店街のお寿司と地酒
EVバンも無事に配送完了
地元・勝浦市の協力に感謝を述べる住友商事の武田

Top