Go to Site.
close

グローバル事例

日本のものづくりを支えてきた「機電総合商社」
住友商事マシネックス

グローバル

高度経済成長のさなかに設立

住友商事の100パーセント子会社である住友商事マシネックス(以下、マシネックス)は、製造業で使われる産業設備をはじめ、機械、電気関係製品を一手に取り扱う「機電総合商社」です。設立は日本が高度経済成長のさなかにあった1962年。それから半世紀以上の長きにわたって、日本のものづくりを支えてきました。

顧客企業のニーズに応じて、国内外のメーカーから機材や設備を調達し販売するトレードビジネスが、マシネックスの事業の柱です。近年では、新しい機器の試作や、機器の新しい用途を提案するコンサルティングサービスなど、より付加価値の高い事業モデルも追求しています。

生産設備や車載機器で自動車産業を支える

マシネックスが創業以来、一貫して注力してきたのが自動車製造・自動車部品の分野です。減速機(PTC)の販売から始まり、自動車生産工場の多様な設備や、インバータ(※1)、モーター、コンプレッサー(※2)といった車載機器に使われる部品を提供してきました。「車体を軽量化したい」という自動車メーカーのニーズがあった場合、同社では新しい素材や部品などを国内外から取り寄せ、ビジネスパートナーとともに機器のプロトタイプをつくって軽量化の検証を行います。顧客の要望に対して具体的かつ実用的な提案をしているのが、同社の特徴です。

現在、EV(電動自動車)の普及が加速し、これまでにない車載機器や新しい生産設備が必要とされるようになっています。マシネックスは自動車業界の最新の課題に対応し、単にハードの販売にとどまらない提案型のソリューションビジネスを展開していきます。

自動車のサプライチェーンには、原料の調達から完成車(※3)の販売・アフターサービスに至る数多くのプロセスがあります。住友商事グループの事業領域は、そのプロセスのほとんどをカバーしており、自動車ビジネスに関わる各部門が情報交換を行うワーキンググループも定期的に開催されています。マシネックスもそのメンバーの一員として、常に自動車業界の最新動向を注視しています。

※1インバータ:直流または交流から、周波数の異なる交流を発生させる電源回路または装置。
※2コンプレッサー:空気など気体を圧縮する機械。
※3完成車:自動車の部品一式が組み上げられた完成品。

自動車工場生産ライン。数多くの工程を経て、徐々に自動車の形が出来上がる
モーターやバッテリーなど、マシネックスが取り扱う車載部品

半導体や海外でのEPCなど新たな領域への挑戦も

長年のビジネスの蓄積がある自動車分野に対し、新たな注力領域と位置付けているのが、半導体・電子部品分野です。IoTや各種デジタル機器の日進月歩の進化が続いている今日、半導体の重要性は益々高まっています。マシネックスは高品質の生産設備を提供することにより、国内での生産量が右肩上がりで伸びている半導体製造を支えていきます。

近年では、海外におけるEPC案件へのチャレンジも始めています。EPCとは、施設の設計(Engineering)、調達(Procurement)、建設(Construction)を受託する事業で、いわゆる建設工事請負契約のことです。2015年に完工したサウジアラビアにおけるラインパイプ製造工場の拡張事業が、マシネックスのEPCへの最初の取り組みでした。メーカーの選定から設備の据え付けまでのトータルコーディネートを行い、カスタムメイドで大規模な施設を完成させた経験を、他の地域でも生かしていきます。

生産設備を提供することで半導体・電子部品分野の成長に貢献

一方、国内におけるユニークな取り組みとして挙げられるのが、長野県にある「安曇野デモサイト」です。住友商事のグローバルネットワークを駆使して主に海外から取り寄せたチーズクッカー(※4)などの食品製造機械や洗浄システムを試験的に使用することができ、開設以降の5年間で延べ百数十社に及ぶ国内食品メーカーが来訪しました。高度な知見を持つ技術者とのディスカッションやマシネックスからの提案型の商談も行っています。

より美味しく安全で健康的な食品と食文化のために、して食品製造ロス削減のために。

日本の食文化と食品製造技術向上に貢献し、そこで培った日本ならではの食品技術を今後アジア・さらに世界の食品メーカーへ展開していきます。

安曇野デモサイトの設備写真およびデモ会の様子

同社のビジネスのスタートは、機械設備の回転速度を落として出力する装置である減速機(PTC)の販売でした。生産ライン、エレベーター、遊具など、産業と生活の広範な領域で使われている減速機の国内最大シェアをもつ住友重機械工業のトップ代理店として、これまであらゆる業界にグローバルに減速機を販売してきました。

地球環境保護や温暖化防止を目指し、エネルギー消費量を削減する活動にも積極的に参加。高効率トップランナーモータ(※5)、インバータなどの販売も手掛けることで、消費電力を抑える省エネルギー化にも取り組んでいます。

※4 チーズやペーストなどの食品を製造する自動装置
※5トップランナーモータ:現在商品化されているモーターのうち、エネルギー消費効率が最高レベルのモーターのこと。

住友重機械工業製の減速機

2018年10月掲載

キーワード

  • インフラ事業
  • 日本
  • 欧州・アフリカ・中東・CIS
  • 米州
  • 機械
  • 輸送機・運輸

関連する事例


Top