2022年09月30日
住友商事株式会社

「統合報告書2022」および「ESGコミュニケーションブック2022」発行について

住友商事株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員 CEO:兵頭 誠之、以下「住友商事」)は、住友商事グループの中長期的な成長ストーリーをお伝えする「統合報告書2022」(https://www.sumitomocorp.com/ja/jp/ir/financial/investors-guide/2022/)およびサステナビリティ関連活動をESG(環境・社会・ガバナンス)の観点でまとめた「ESGコミュニケーションブック2022」(https://www.sumitomocorp.com/ja/jp/sustainability/report)を発行しました。

「統合報告書2022」は、住友商事グループの持続的成長に向けた長期成長戦略としてのサステナビリティ経営の高度化と、中期経営計画「SHIFT 2023」の推進を通じ成長軌道に回帰していく姿を、それぞれの具体事例を交えて説明しています。非財務情報を中心にまとめた「ESGコミュニケーションブック2022」は、住友商事グループの価値創造の仕組みをより分かりやすく伝えるべく、今年度新たに「ストーリー編」と「ディスクロージャー編」の2部構成としました。「ストーリー編」は、住友商事グループの重要社会課題切り口での価値創造の実践について具体事例とともに紹介し、住友商事グループの未来をテーマにした若手社員の座談会などを盛り込んだ内容としています。「ディスクロージャー編」は従来のESGコミュニケーションブックを更新する形で、重要社会課題の中期目標に対する進捗や人的資本(人材マネジメント)に関する記載を充実させ、さらにTCFD(注)の提言に沿った、より詳細な情報開示も一層拡充しました。

住友商事は、さまざまな情報開示ツールを活用して財務・非財務の両面から適時適切な情報開示に努め、ステークホルダーと建設的な対話を進めていきます。

(注)金融安定理事会によって設立された気候関連財務情報開示タスクフォース


<参考情報>
住友商事 投資家情報
住友商事 サステナビリティ

住友商事のマテリアリティ(重要課題)

住友商事グループは『社会とともに持続的に成長するための6つのマテリアリティ(重要課題)』を、事業戦略の策定や個々のビジネスの意思決定プロセスにおける重要な要素と位置付け、事業活動を通じて課題を解決することで持続的な成長を図っていきます。本事業は、特に以下のマテリアリティに資する事業です。

地球環境との共生地球環境との共生
地域と産業の発展への貢献地域と産業の発展への貢献
快適で心躍る暮らしの基盤づくり快適で心躍る暮らしの基盤づくり
多様なアクセスの構築多様なアクセスの構築

人材育成とダイバーシティの推進人材育成とダイバーシティの推進
ガバナンスの充実ガバナンスの充実

本件に関する問い合わせ先
住友商事株式会社 広報部 報道チーム
お問い合わせフォーム
Top