Go to Sumitomo Corporation in North, Central and South America Site.
close

2018年12月28日

サミットが杉並花笠祭りを主催

12 月8 日、当社グループのサミットが主催する第28 回大宮八幡宮「杉並花笠祭り」が開催されました。杉並花笠祭りは、サミットが、本部所在地である杉並区で1990 年から実施しているものです。

この祭りは、「地域の方々に日頃の感謝を伝えるために何かできないか」という当時のサミット社員の思いから生まれました。検討の結果、同社が手掛ける「食」を文化的活動に結びつけた社会貢献に取り組むことを決定。東北地方で広く食べられている「いも煮」と山形県の「花笠踊り」を組み合わせ、地域活性化の一環として杉並花笠祭りをスタートさせました。

当日は名物の花笠踊りパレードをはじめ、いも煮やおでんなどのチャリティイベント、山形県物産店を中心とした物品販売などが催されました。着物や法被を着て花笠を手にした踊り手が掛け声をかけながら参道を練り歩く一方、来場者はいも煮や地酒に舌鼓を打ち、協賛企業の豊富な物品販売に立ち寄るなど、会場は大変なにぎわいを見せました。イベントを通じ、オリジナルエコバッグを配布し、ゴミの分別回収を徹底するなど、環境に配慮した取り組みも行いました。

今回の杉並花笠祭りの運営を担当したサミット営業企画部の車谷は「多くの関係者のご協力のもと、地域の皆さんに大いに楽しみにして頂いているイベントに育ってきたと実感しています。今後も様々な取り組みで、更に魅力を高めていきたいと思っています」と語りました。

杉並花笠祭りは「This is MECENAT 2018」に認定された。「This is MECENAT」とは、企業メセナ協議会によって、企業などの民間組織が取り組むメセナ活動を認定するために2014年から開始された制度
花笠踊りパレードは午前と午後の2回行われ、色とりどりの衣装に身を包んだ踊り手が祭りを盛り上げる
第28 回杉並花笠祭り関係者の集合写真。毎年、地元に根差した数多くの企業が協賛している
大宮八幡宮は、1063年創建の平安時代から続く由緒ある神社
パレードにはサミット社長の竹野浩樹(写真中央)をはじめ、主催・協賛企業の社員も多数参加
祭りの名物である「いも煮」は限定3,300食を配布。ボリューム満点で、この味を求めて長蛇の列ができるほどの人気を誇る


Top