Go to Site.
close

2018年10月19日

World Robot Summit 2018(ワールドロボットサミット)に協賛

住友商事は、2018年10月17日~21日の期間中、東京ビッグサイトで開催している「World Robot Summit 2018(WRS)」にグローバルパートナーとして協賛し、ブースを出展しています。同大会は、日本政府が掲げる「ロボット新戦略」の一環として、経済産業省と新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が新たに主催するロボットの国際大会です。

自動運転技術を手掛けるZMPの宅配ロボット「CarriRo Delivery(キャリロ・デリバリー)」、農業用ドローンの設計・開発・製造・販売などに関わるナイルワークスの農業用ドローン「Nile-T18」、コミュニケーションロボットを扱うユニロボットの「unibo(ユニボ)」、サイバーダインが手掛ける最先端技術を駆使した次世代型清掃ロボット「MB-CL02(エムビー・シーエルゼロツー)」の4種類を展示。マサチューセッツ工科大学のスピンアウト企業で当社も出資するヒューマティクスのCEOデビッド・ミンデル氏の講演も実施しました。ナイルワークスの担当者は、「少子高齢化や労働力不足で、ロボットの存在意義は今後ますます高まる。ロボットとITの技術を駆使し、生産性向上に寄与することができれば」と、思いを語っています。

「さまざまな課題に挑む、住友商事の新たな価値を創造する力」をテーマに、大きな「シンボルツリー」を中心に据えた当社ブース

住友商事では、ロボットベンチャーへ出資し、技術領域の拡大を図っています。既存事業の多様性を生かし、さまざまな用途・市場でロボットの活用を推進することにより、ロボット産業の普及・拡大に貢献します。

「『中期経営計画2020』では、テクノロジー×イノベーションを成長分野の一つに掲げており、今回のWRSについても、ロボティクスを切り口に営業部門のビジネス開発に寄与するよう支援していきます」と、WRSを担当している当社経営企画部の掛水保典
第8回ロボット大賞(農林水産大臣賞)を受賞したナイルワークスの農業用ドローン

たくさん会話することで、個人の趣味や嗜好(しこう)を記憶し、対話してくれるユニボ


Top