グローバル事例

激動の自動車業界で、
匠の技術による最高の品質を提供し続ける

グローバル

2社の思いが一致して実現したM&A

1,500度に達する高温で溶かした鉄を砂で作った鋳型に流し込み、冷やし固めて、さらに機械加工で高精度な製品に仕上げていく。住友商事がキリウと共に、自動車部品の鋳造・加工事業に本格的に関わるようになったのは、2004年のことでした。

住友商事は同年7月、栃木県足利市のキリウをグループに迎えました。同社は1906年に創業し、織物準備機械の製造を経て、60年代から自動車部品の製造事業を行ってきた老舗メーカーです。製造の特定プロセスに特化する自動車部品メーカーが多い中、キリウは製品の開発・設計、鋳造、加工に加え、機械加工設備まで自社内製で対応する数少ないメーカーです。加えて「一気生産」(※1)というキリウ独自の生産モデルによって、高品質で高精度なブレーキディスク・ブレーキドラムを中心とする部品を高効率で製造し、数多くの自動車メーカーに提供しています。現在、全世界で自動車10台に1台の割合で、キリウ製の部品が使用されています。

トレードビジネスに加え、事業投資という新たなビジネスモデルへのチャレンジを始めていた住友商事と、海外展開によってビジネスの拡張を目指していたキリウ。2004年に行われたM&Aは、その2社の思いが一致したことにより実現しました。以来14年間、100パーセント株主として、住友商事はキリウの事業を支え続けています。

鋳型に鉄を流し込んでいる様子(自動注湯)

※1 一気生産:金型・設備の内製を含め、開発・設計から生産、出荷まで、工程内の無駄を徹底排除した効率的な一貫生産システム

経験とノウハウをもとにした提案力

キリウの最大の強みは、自動車メーカーに対する、業界屈指の独自の設計・開発力を生かした提案力です。各国で電気自動車(EV)の開発が進み、エンジンとガソリンによって駆動する従来型の自動車のシェアは徐々に下がっていくと見られています。しかし、「走る」「曲がる」「止まる」の3つが自動車の機能の柱であることに変わりはありません。

中でも「止まる」機能を担い、人々の安全を確保するブレーキは、今後も自動車の欠かせないパーツであり続けます。激動のさなかにある自動車業界で安全なモビリティ社会を実現するためにも、自動車メーカーがブレーキに求める品質水準は非常に高いものです。

キリウは最先端のシミュレーション技術、3Dモデリング、CFD(数値流体力学)手法などの実験技術を活用し、独自に設計・開発した高度な鋳造・加工技術により、その高い品質要求水準を長年にわたりクリアし続けてきました。特に、ブレーキを掛ける際に発生する音や車体の揺れを抑える他社にはない技術を武器に、高品質な部品を長年にわたって製造し続けてきました。

その経験と技術力をもとに、自動車メーカーに対して開発力を生かした的確な提案を行うことで顧客信頼を勝ち取り、キリウは競合他社を凌駕(りょうが)してきました。変わり続ける自動車製造業界に対し、キリウは常に高度な提案力とハイレベルな技術品質で応え続けます。

冷えて固まった鉄製品を機械で削り、加工することで製品となる
自動車を「止める」という重要な役割を担うブレーキディスク。キリウ製品の6割を占めている
業界屈指の実験・解析技術で高品質な製品を提供し続ける

文化や言語の壁を越え、最高品質の製品で市場ニーズに対応

いかに高い技術力をもっていても、海外で力を発揮するには、ノウハウの標準化や海外人材育成が必須となります。2004年当初、キリウの拠点は国内3カ所、海外3カ所でしたが、その後、国内4カ所、海外9カ所に広げ、売上を14年間でほぼ倍に伸長させました。

グローバル展開にあたっては、文化や言語の壁を越えて「キリウ品質」を保ち続けることが最大の課題でした。また、各進出国で異なる政治経済事情、法制度、慣習、需要動向対応など、課題が満載でした。キリウの高い技術力・製造ノウハウに、海外ビジネスの知見が豊富な住友商事の総合力を掛け合わせることにより、多種多様な人材が存分に能力を発揮できる環境を整え、キリウは海外展開を順調に推進させてきました。

さらに、顧客の多様化も進めており、日系自動車メーカーに加え、外資系自動車メーカーとの取引拡大も住友商事と共に進めています。近年では、住友商事が45パーセント株式を保有する同業の中国の富士和機械との連携も進みつつあります。

キリウグループ最初の海外拠点であるキリウインドネシア
キリウグループ最大の生産拠点であるキリウメヒカーナ

ものづくりを進化させ、住友商事グループの未来を創造する

総合商社である住友商事にとって、製造事業会社をグループ内に有していることは、とても大きな意味を持ちます。ものづくりのフロントラインで得られた知見や技術力を他の分野に応用していくことができるからです。

現在、住友商事では、全社横断的な取り組みの一つとして自動車ワーキンググループを立ち上げ、自動車ビジネスに関わる全社の知見を結集し、自動車ビジネスのさらなる飛躍に向けて活動しています。キリウはその中心的存在として、製造事業経営の知見を共有し、広め、深めていくことを期待されています。また、住友商事グループの他製造事業会社がキリウを訪問し、その高度な現場力を学ぶ機会を創出するなど、全社の自動車関連ビジネスの成長に貢献しています。

さらに、住友商事グループでは、全社をあげてデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進に取り組んでいます。IoT、データ管理、AIなどのデジタル技術を活用し、キリウの製造現場のさらなる効率化を図ると同時に、キリウでのDXの経験をもとに次代を担う新たな事業を創出することが狙いです。キリウのものづくりの進化が、他の製造現場のDX推進において一つの武器となることは間違いありません。

住友商事はキリウとともに、「いつでも、どこでも、だれにでも」高品質な製品を供給し続け、安全で快適な自動車社会に貢献していきます。


2019年03月掲載

キーワード

  • 輸送機・建機事業
  • 日本
  • アジア・大洋州
  • 米州
  • 機械

関連する事例

Top